« 2008年8月 | トップページ | 2009年3月 »

2008年12月31日 (水)

アリイ 1/32 '62 MAZDA CAROL(昭和37年) 完成。

年内最後の6作目。

昔は発条仕掛けのキットだったみたいな、マツダキャロルです。

360ccオールアルミ製4気筒水冷エンジンをリアに積み、クリフカットのリアウィンドウのお洒落な軽高級車です。

キットのデラックスは66年デビューだったようですが、ま、おいといて。

 

Box_2 アリイ 1/32オーナーズクラブ ’62マツダ・キャロル(昭和37年)です。

 

Updsc03262 さて、キャロルデラックスはツートンカラー。白いボディに赤い屋根か青い屋根。Updsc03265

ノスタルジーな印象はもっとセピアがかっているので、アイボリー、いやクリームイエローの方がイメージだったので一発だしの白+黄混合で塗装。

Updsc03267 屋根の赤も二度と混合比が思い出せない茶色がかったマルーンで塗装。

ルーフの一部を後に損傷しましたが、もう取り戻せないので誤魔化しました。

ウィンドウピラーは太すぎるので細く削り、シートはヘッドレストは組まず、パテ埋。

エキゾーストパイプとシャフトのパーツを途中で紛失した為、ランナーから再生。

Updsc03269 リアエンジン、バンパー、ウィンドウモールはメタルックを貼りました。

クリフカットのリアウィンドウのモールとボディサイドのモールが省略されている為、完成寸前にどうしても工作したくなりました。

 

Upp1040925 最初は伸ばしランナーを考えましたが、細く伸びすぎてしまい断念。リード線の剥いた皮も検討しましたが、74式の赤外線コードを工作した時の0.6mmの半田線が取り回しも柔軟。オーバースケールですが、元々のキットもデフォルメってるので、これに決定。

 

Upp1040951 フロントマスクのモールもこれでと、調子に乗って、あるはずの無いグリル下側にまで、モールまで貼ってしまいました。

ゼリー状瞬着で止めていったのですが、正解で失敗。ルーフの取り回しを乾燥するまでに動かしてしまい、くにょっと飛び出しましたが後の祭り。

 

Upp1040955 ボディサイドのモールも真っ直ぐに伸ばして一発止めの後、ドアのところでカットしたのですが、その際、くにょっと曲がったことにも後で気が付き後の祭り。

最後に、モールをメッキシルバーで塗装。

 

Upp1040959 デラックスのタイアはホワイトリボン。サークルカッターでマスキングすれば良い訳ですが、子供の頃から完成を焦る気持ちは変わらず、筆塗り一発の手書きにしてしまいました。

  

Upp1040961 ま、おもちゃっぽいのも懐かしいキャロルのスタイリングと納得させて、後の祭り大会で今年のラスト、完成です。

 

現在製作中のキットは、1/72タイガー(いつまでやっとんねん)、クラシックミニ3台シリーズ、R30スカG、ハコスカGTR。

手をつけてないキットは、溢れかけてきました。

来年は相当スピード上げないと。んな事できるかなぁ。

では、皆様良いお年を。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

フジミ 1/24 ゴルフR32 完成。

車が欲しい。

自動車プラモを作っていると、ホンマモンが欲しくなります。 無性にハイパワーの小型車が欲しくなり、物色してると、ゴルフにGTIの他に6気筒4WDのグレードがあるんだと。サンルーフがあるのも素敵。三角窓が無くなった今(って読んでる方に三角窓の車に乗ってた方がおられるか心配ですが)、愛煙家の仏壇にはサンルーフ車は必須の快適装備なのです。

ゴルフR32。V6、3.2リットル、250馬力、4WD。欲しい~。

ネットで検索してると、プラモも出てる。作ろう。

 

で、今年5作目は、

Box フジミ 1/24 フォルクスワーゲン ゴルフ R32です。

途中の写真は撮り忘れました。

近作のフジミを作っての感想は、「タミヤってなんて組みやすい構成なんだ」です。感心しました。 

少し勝手は違うものの、少年時代のフジミといえば=バリだったわけですが、パーツは精度があって繊細です。上手な人なら、かなり作り甲斐のあるキットでした。

つまり仏壇がへたくそなだけなんですが。

ウィンドウの黒い淵周りもマスキングシールが付属していて、誰でもきれいに処理できます。

Upp1030920 TMAXで気持ちよかった黒メタが実車にもあったので、ブラックメタリックとしました。Upp1030917

今回はメタリックにパールを入れてみました。クリアの吹き方も少しづつですが、わかってきました。経験は大事だにゃぁ。

  

Upp1040934 外装黒メタ車は、内装色も黒だということで、模型にすると何か解からんようになってしまうので、内装にはドライブラシをかけてみました。肉眼では効果ありです。

 

Upp1030911  作動する時オレンジに光るドアミラーウィンカーを最初間違って着色してしまい、接着後に気が付いて、分解洗浄再塗装。

 

 

Upp1040946 旧車の時代は、82%を70%の扁平タイヤに履き替えてインチアップのアルミを履くのが定番だったわけですが、

この車は吊るしで40%扁平(225/40R18)。格好いいじょ。

 

Upp1040949 満喫して、実車欲しい病が少し治まりました。

家計に優しい模型趣味です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月30日 (火)

タミヤ 1/24 ヤマハTMAX 完成。

前回更新から4ヶ月が経過しました。。。その間に完成にこぎつけたのは3つです。

今年になって、2月にケンメリGTR、4月にホンダZ-GSS、8月に32GTRと、3つですから、今年は去年の半分のペース。戦車はタイガーがまだ放置状態。何とか自動車をうまく作れるようになりたいと自動車づいてます。

その間キットはどんどん増えて、「寿命がくるまでにキットを完成するぞ」というこのblogの趣旨を、見事に逆行するくらい、新たにキットが増え続けております。

きっと、みんな同じだと思うのですが。

では、ぼちぼちと続きます。

 

さて、今年4作目は、

Box

タミヤ1/24スポーツカーシリーズのヤマハTMAXです。

そもそも「仏壇」はセカンドバイクであるディープオレンジメタリック色のヤマハマジェスティC。深みのある美しい色だと思ったのですが、友人の「仏壇みたいですやん」の一言で決まった次第。

「スクーターに乗ったらバイクに戻ってこれへん様になるぞ」と言われていたのですが、案の定、ファーストバイクのスズキGSX1400は、TMAXになってしまいました。 

で、愛車製作になったわけです。

 

Tmax010 実車はオートバイとは似て非なる乗り物ですが、

TMAXは500ccツインカム4バルブで重心位置とサスペンションがオートバイと同じ様に作ってある為、スクーターにしては中々良い運動性を持っています。

今年さらに磨きのかかった新型が出ちゃいましたが。

 

P1020185a さて、キットはスナップキットでパチパチ組むと完成です。。。P1020189s

ローダウンにして愛車と同じ黒のメタリックにしてみました。

 

 

Tmax_p1020216 スライドマークではなくて紙のシールなのが欠点。

キットにはライダーが付属しています。乗車状態にフィットさせるためにポリ製ですので塗装は苦戦。

完成したサイズは1/72の戦車くらいですので、いつもの木切れ台に紙やすりをアスファルトに見立てて貼り付け、コーナリング状態にしました。

Tmaxp1040907w

ま、目を瞑って見て下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2009年3月 »