« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2006年3月26日 (日)

グラント 完成。

ハセガワ 1/72 M3グラント Mk.Ⅰ

flside  仏壇も大人なので3月というのは用事が相次ぎ、なかなかプラモに触らせてもらえません。

 その上、仏壇が待ちに待ってたF1が開幕しました。まして今年は開幕が2連戦となっていた為、せっかくの余暇のエネルギーもすべてそっちへ飛んで行ってました。

frside

 という訳で1ヶ月以上をかけてやっとこさの完成です。

 敬愛する根生さんタイガーⅠを完成させた頃作り始めたのに、4号戦車ドイツ将校セットと進んで、今や中身ギッシリのヘッツアーが完成しようとしています。 ぼちぼち作る が信条とは言え、これでは牛歩戦術です^^;

ffside  車体はその後、ウォッシングの後、さらに陰と表情を付けて行き、細部を塗装、ドライブラシでフィニッシュ。

例のヤスリ忘れたパテの後は、結局、「忘れた事にする」という男らしい結論を出しました^^;

 箱絵を見ていると、サイドスカートの一枚が外れており、一枚にダメージの欠けがある状態で描かれており、格好が良かったので真似してみました。

fbside ビネット台はいつもの木切れに木粉粘土、シーナリーパウダー、塗装、パステル。

 今回は車体のハッチを閉じましたので、乗員は作らず、苦戦中の1/76英軍歩兵を一体そばに置きました。まさに「置く」です。

 英軍戦車を数台作りましたが、作り始めたのは、ドイツ戦車と比べるとおよそ格好が良いとは言えない無骨な車体に沢山の歩兵を乗っけて走るアフリカの英軍戦車の写真を見たからなのですが。
fuside 上手になってフィギアの姿勢を自由に変えられるようになれば、少しは物語があるように作れるのですが。

どうも他のスケールのキットとか実写写真を見てると、このハセガワのキッfffトは、砲塔の天地の寸法が足らないような気がします。ま、だからと言って仏壇には何も出来ないので、そのまま完成です。

出来たぁ\(^o^)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 5日 (日)

グラントの2

ハセガワ 1/72 M3グラント Mk.Ⅰ

続きです。

なんやかんやと社会生活上の仮の姿が忙しく、ちっとも進まないわけです。

1/76英軍兵士も一人目で悪戦苦闘のまま、1/72のグラントに移ったわけですが、月をまたいでもまだ基本塗装中です。とりあえずのご報告。

kils いつものようにハルレッドで全塗装した上で、指定はミドルストーンですが、天邪鬼にもダークイエローで塗装。その後、ミドルストーン、サンディブラウン、土地色、マホガニーなんかを段階的に混色しながらブラシしました。

 

kirs ダークイエローを吹いた後、フェンダーの接着部分に大きな段差がほったらかしに成っているのを発見。光硬化パテを塗り塗り。ヘラで段差を拭う様にしてから照明で硬化。

 

kbrsベーシックパテと違って楽チンなんですが、すっかりその後の事を忘れてしまい(一昨日の夕飯が思い出せないタイプです)、ペーパーをあてなかった事に気がついたのは、基本塗装も終了、「ま、この辺で」とモチベーションを下げた後でした。

むう。どうすべぇか。

 

kifs

「 次の工程へのモチベーションが上がった時に考える。」

という結論が出ました^^;

という事で今回はココまで。

 

 

ところで今日は、いつものビネット台を買いにホームセンターへ行きました。あのサイズは完成したプラモを入れるケースが先にあり、そこに入る大きさがあのベースの大きさで、結果的にビネット(風)になっている訳です。

static 隣接するキッズランドを覗いてみたら、ヴァーリンデンのスタティックグラスがポツンと1っこ置いてありました。おおぉ。実物を初めて見ました。いつも麻の紐をほぐして細かく切り刻み、撒いた上から色を塗るという工程でした が、上手な人の記事に出てくるほんまモンは、もっと細くていい感じです。661円。ゲットしました。

hmmwy他にもドラゴンのM1114とファインモールドのMe410を発見(勿論これらも初めて見ました)。こんな田舎ではタミヤ以外の模型は都会へ出たときか、通販でしか買えません。

したがってタミヤ1/48英軍兵士を見送って直ちにゲットです。

 

 

me410 どちらもエッチングパーツとかが入っていて、針金やランナーから作らなくても出来合いのディティールアップパーツを見ただけで、もう舞い上がってます。

 

tnewsレジへと行きますと、そこにタミヤニュース発見。

「今も発行していることは風の便りに聞いてはいたが、これかぁ。」

と食い入るようにページをめくってニヤニヤするじじぃに、

「いっしょに入れましょうか」

と店員さんに微笑みながら追い立てられてしまいました^^;

 プラモはこういう瞬間がたまらなく楽しい趣味なんです。

もうちょっとゆっくり楽しませてくださいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »