« 2005年7月 | トップページ | 2005年10月 »

2005年8月31日 (水)

戦艦大和 尾道1/1

プラモじゃないけど。『男たちの大和/YAMATOロケセット。呉の後、行ってみたのじゃ。

yamato_onomichi01 尾道の観光協会が頑張っておられる。入場するとシャトルバスでセットのあるところまで運んでくれる。

まず最初に艦首部分を見学できるのじゃが、これはロケの後一般公開に向けて製作されたようじゃ。見学は一方通行なので、艦首で記念撮影の後、入場口から乗艦。乗艦すると戻れないので、この部分の実物大を見たい方は必ず立ち寄りましょう。

yamato_onomichi02 実物大の2番主砲。でかいです。さすがです。

1番主砲の砲身はありません。

yamato_onomichi03 高角機銃群のスポンソン。

全体に呉の大和の緻密な1/10が凄すぎて、印象を引きずったままだとディティールが甘いような気がします。

yamato_onomichi04 そりゃぁセットなんじゃから、裏はH鋼組になってますし。

それでもウェザリングも流石に良く出来てます。

但し艦橋も無いので(映画では呉の大和との合成になってるそうです)戦艦大和がどんな形してるのか知らないと良く判らないかもしれません。

仏壇も、いろんな事に思いを巡らせた大和の旅でした。

こちらのセットは来年3月までの公開だそうですから、機会があれば実物大の大和のデッキに立ってみてください。

yamato_onomichi05 大きすぎてセット全体は入りきりませんでした。

ん~でかい。

因みにお土産物も売ってますが、どちらかと言うと尾道のお土産多しです。でもミカンのソフトクリームが売ってました。美味。推薦です。

次回からまた1/72の世界へ戻りまするm(__)m

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2005年8月29日 (月)

戦艦大和 呉1/10

ミニスケにはまりながら、今年の4月、広島県呉市に出来た大和ミュージアムの世界最大の大和の模型を夏休みに見てきましたわい。

模型といえば、ルーペで覗きながらの作業じゃが、一気に1/10サイズのスケールは気持ちいいほど大きかったのじゃ。

yamato_kure01 それでも1/10は1/10で各パーツに省略が出来ないでしょうから、大変緻密な作業だったに違いない。関連書籍も出版されているので興味のある方はどうじょ。

じじぃは、ちょっと無理なスケジュールで見に行ったので30分ほどしか見学出来なんだが、とてもコンディションの良い零戦も展示してありました。zero_kure01

こちらは実物復元。琵琶湖不時着機の引き上げで、かつて京都の嵐山、白浜のゼロパークにあったもの。

ミュージアム自体も、呉駅前のスーパーに隣接する綺麗な建物ですじゃ。ホントはゆっくりと平和な時間を噛み締めながら一日中いても良い施設です。海に面したデッキもあるので、きっと美しい夕日も眺められると思う。

駐車場もありますが、キャパは小さいので、迷わず隣接のスーパーへ停めると良い。お土産物も充実しとります。近々webで販売開始とか。

じじぃは、帰るなり、お土産に買った大和ポロシャツを着て、ストックにあった食玩の大和を作っちまいましたとさ。03

単純やねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月 7日 (日)

木と草。

木と草 フルスクラッチ 約1/72

(風の便りを出しつつ)麻の紐を購入。

ええっと1/72やから丈1cm位しか使わないので、今回合計7cmほど使用しました。

一番短い麻の紐は60mでした。たぶん一生使い切れません。

ki ホームセンターにあった「飾り台」15cm×10cmを購入。

スーパーで買った小学生用紙粘土を盛って、鉄道模型用のシーナリーパウダーを水で溶いた木工ボンドで。地面をエアブラシして、作りかけだった「木」を植えました。1/72にはパセリは大きいかもしれませんが、亀さんとの会話の流れでふんだんに加えました。それで終わろうかと思っていたところ、前のブログに亀さんからコメントが。こりゃぁ「草」も作らんとあきません。

染めは後日行うとして、根生さんのブログを参考にほぐした麻の紐を木工ボンドで土台に植えてみました。なるほどなるほど。

ki2 それでは前に作ったのを飾って・・・・あちゃぁ。

調子に乗りすぎて、木や草がじゃまで、狭くて飾り台に乗りません。

ま、今回は「木と草 1/72」を作ったということで・・・(^^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年7月 | トップページ | 2005年10月 »