« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »

2005年7月24日 (日)

まだいっぱいある。

元々、じじぃの秘密基地 (模型工作用に使っておるガレージ。最近は耐えられんほど暑いじょ。) にて友人である亀さんと談笑中の一言ではじまったのじゃ。

亀さん「仏壇はん、このまだ作ってへんプラモ、ほんまもんの仏壇に入らはるまでに全部出来ますのん?」

じじぃ「さぁ、それやがな。プラモは買う時の興奮で50%。作る喜びで50%や。そやから、もう半分は楽しんどんのじゃが、これ見てみ、エアフィックスのプラモや。箱ちゃうねん。袋入りや。もう35~6年楽しんどる。」kichi

亀さん「そのまま楽しんだら後30年もおまへんなぁ。半分以上過ぎてますがな。」

じじぃ「そうそう30年以内には仏壇に・・・。こら。ちゃうがな。昔と違ぉて資料も豊富やねんけど、これ見てみ。」

亀さん「天眼鏡でっか?」

じじぃ「そうや。これ使わんともう細かいのん見えへんのじゃ。」

亀さん「ああ歳がねぇ。そやけど、それ持って見てたら作れまへんがな。」

じじぃ「そや。そこで、タミヤ模型の社長や。考えはってん。こういう儂みたいな人が多いさかい、ワークスタンド作らはったんや。偉いやろ。」

亀さん「それ買ぉたら、作りますのん?」

じじぃ「せや。どう考えても今年位から作り始めんと、・・・終わらん。」

亀さん「ですよねぇ。やっぱり。早よ作り始めはらんとねぇ・・・。」

じじぃ「やかましなぁ。まぁ見とけ。」

それから数ヶ月。ワークスタンドも購入。

亀さん「こんちわぁ。作ってますのん?」

じじぃ「作ってるがな。ブログも書いとるやろ。」

亀さん「見てますよ時々は。相変わらず上達しまへんな。あれぇ。作ってはる割りに、いっこも減ってまへんがな。」

じじぃ「下手はほっとけ。人には才能っちゅうもんがあってやな・・・。目指す頂きがあるさかいに人は努力するのや。 でな、減らへんのはやなぁ。それはそのぉ、買ぉたさかいや。」

亀さん「それ、なんも成ってへんのんちゃいますのん?」

じじぃ「ええか。AFV。わかるか。装甲戦闘車両。そいとソフトスキンや。今作ってんのん。ストックはな、飛行機。ちやうねん。こう何ちゅうかなぁ。作り方が。」

亀さん「ははぁ。ほんまや。飛行機と自動車の模型の箱ばっかりですやんか。っちゅう事は、やっぱり、なんも成ってへんのんですやんか。」

じじぃ「作っとるで、そんでも。ま、見てみぃ。全部1/72や。小ぃこいやろ。その内儂は米に字ぃ書けるようになるで。 これがジープと、リーとシャーマンや。そんでこれが木で。」

IMG_2446

亀さん「木ぃて、何ですのん?」

じじぃ「ツツジあるやろ?あれの根や。そんでここがパセリ。」

亀さん「パセリ?」

じじぃ「ハウスの乾燥パセリや。150円位する。」

亀さん「模型に?」

じじぃ「葉っぱになんねん。」

亀さん「はぁぁぁ。スーパーの調味料売り場には『模型作りにも最適!』とは書いてまへんなぁ。いろいろ難しぃでんな。」

じじぃ「頑張っとんねん儂も。あと麻の紐も買わんならんのや。草作りたいから。この雑誌見てみぃ。これ。上手な人はこうやって作らはんねん。草。」

亀さん「木ぃとか草作らんとこれ減りませんのんか。なんちゅうか、大変ですなぁ。ホンでも、来週は8耐でっせ。」

じじぃ「おぉ行く行く。キャンギャルとか居るさかいな。」

亀さん「レース見に行くのんちゃうんかいな。趣味多い人やなぁ。ほんでこれまた作れへんから、先送りになりますな。」

じじぃ「いろいろしやなアカン事あんねや。どれも、ぼちぼちでエエねん。ぼちぼちで。気分がええっちゅう事は人生にとって大事な事やねん。」

亀さん「なんや都合のええ人生論でんなぁ。」

という事で長くなりましたが、何とか立ち向かいつつ、ぼちぼちと楽しんどります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

M3A1ハーフトラック

ハセガワ1/72 M3A1ハーフトラック。

ホントはの、幌をもういっぺんティッシュで作ろうと思ったのじゃが。なんやかんやで断念。

IMG_2413 ほとんど素組(っていっつもやんけ)。フロントの装甲版を今回も上げて今回はピラーをプラ棒ではなくて真鍮線にしてみた。太かった。フロントガラスも前回同様、食玩の入れ物を切り出して接着。フィギアが沢山付いていると大変。ちっとは努力出来るようになってきた。仕上がりは自己記録との戦いだから何んにも言わんといたって。

これまた撮影の時に気づいたのじゃが、フロント右側のフックが欠損行方不明。その内プラ棒で復元しときます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

馬。

ハセガワ1/72 馬(^^;

スチュアートのフィギアが何とか完成。はとにかくパーティングラインや一体モールドを削り削りでディティールを出してみたが、馬の色も毛並みも良う判らんぞ。残念ながら公営賭博に興味がないのじゃが、ちっとはテレビでも観て研究せねば。最後の艶消しスプレーの時、いつも箱に入れて吹くのじゃが、箱の中に埃がたまっておったようじゃ。写真撮りしてから気がついたのじゃがもう遅い。今からピンセットで除くとしよう。

IMG_2410写真撮る時気がついたのじゃが、履帯が千切れているのを発見。「エナメルはプラを痛める」と書いてあるが、こういう事かも知れん。とりあえず瞬着で補修。

車長の右手が。。。目つぶってくださいませ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月16日 (土)

M4A1ハーフトラック

ハセガワ1/72 M4A1ハーフトラック。M4A1 81mm自走迫撃砲とも言うらしい。ともあれスチュアートを作っているときに勢いで買ぉてしもぉた1台。img10041294808

ハーフトラックっちゅうとコンバット観てた頃、とても頼もしい味方として出て来たし、望月三起也氏の漫画にもよく出てきた。ホントは前のとこに木を倒していくんだかのローラーみたいなんがついてる奴が格好ええのじゃ。車種が違うのんか良う理解ってないんじゃが。。米軍は勝っただけに戦後もようけハーフトラックが残っとって、映画にも出てくる。ドイツ軍までこの種のハーフトラックに乗って。。。

で。制作ですが、基本組み立ての段階で上手い事いかなんで、途中でやんぺにしちゃろかとも思うたんじゃが、「ぼちぼち」の心意気を思い出して、しくじったまま完成させたのじゃ。実は車体が歪んどるんじゃ。

箱絵を見るとフロントウィンドウの装甲板がひさしのように持ち上げられておる。こういうふうに開くんじゃな。装甲板への薄々攻撃と伸ばしランナーでステーを適当にそれらしく。今回もウィンドウにはガラスをらしくはめ込み。どんどんキットが溜まってくるので次にかかるとしましょ^^;

050715

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年7月 9日 (土)

GMC兵員輸送車、その4。

GMC兵員輸送車、やっと完成。

DSC00496b 幌の仕上げにどうも珈琲色が気に入らず、あれこれやってるうちに全面的に再塗装。

泥汚れを少し施してフラットを吹いて終了。

一ヶ月ほど空くと勘も戻らず。ん~。ぼちぼちじゃからしゃぁないか。

実はこの幌、懸命に作ったが、どうやら天地が足りない。フィギアを乗せようと思ったら入らないのじゃ。いまさら天井を高くする事も出来ず、フィギアのポーズも変えれないんで、こういう暴挙となりました。DSC00497b

ありそうな、ありえなそうな。

これもぼちぼちじゃからしゃぁないかと、諦めた次第。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »