« Rd.16 Indy Japan 300 FRIENDSHIP DAY | トップページ | Rd.16 Indy Japan 300 Race »

2010年9月18日 (土)

Rd.16 Indy Japan 300 Qualify

06_p1080900 土曜日。

いよいよ。

本当に、待ちに、待ちました。。。。

07_img_6172 佐藤選手のファンなら、いっぱいいっぱい言いたいことがありますが、前に進むために全部を呑み込んで、佐藤選手が3年ぶりに本気レーシングをする姿を目の前で見られる事、それだけに泣きそうになり、喜びに体が震えます。

01_p1080850ピットに佐藤選手のロータスカラーのマシンが運ばれてきました。
いよいよ1回目にプラクティスが始まります。

 

 

02_img_6059 コースイン。
うわー佐藤選手が走っているヽ(^o^)丿
ターン4からストレートに出てきました!

 

03_img_6063 あれ右リアあたりから煙。
わー!嘘ー!クラッシュー!
ターン1で姿勢を崩した佐藤選手は300km/hオーバーでフェンスに激突。

何故。何処まで?

04_img_6064 05年並みの不運を纏った今シーズン、もてぎでさえ不運が佐藤選手を襲いました。
3年ぶりの復活、母国もてぎのインディジャパン、走り始めてたった3周目でクラッシュ。。。

05_img_6068 クラッシュしたマシンが運ばれ、チームが全力でリビルドしていきます。
こんな時は、フレンドシップも糞もあるかと。必死の作業を絶対邪魔すんなよこの野郎と。

原因は、オイルクーラーのラインが損傷。オイルが噴出してのクラッシュ。
今シーズン、頑丈なインディマシンなのに佐藤選手のマシンに限っては、とても良く壊れました。
今回も普通ありえないトラブルです。
佐藤選手はドクターから走行OKが出たとの知らせ。良かったぁ。
後は、マシンがどれくらい修復されるかです。
何れにしても難しいと云われるもてぎのコースをたった3周でクラッシュしてしまったのですから、予選上位は適うはずもありません。兎に角完走を目指すレースになると思います。
それでも完走率の低い今シーズン、目の前を走ってくれればそれでいいです。速くなるのは来シーズンで。

プラクティス2が始まっても佐藤選手のマシンはまだ修理中。

ジミーまで加わって、メカニック総動員。Tカーではなく、クラッシュしたレースカーを修復です。
10_img_6214プラクティス2も終盤に差しかかった頃、遂に修復が終了しました!

パドックから見守っていたファンの拍手。スタンドからも大拍手が起こります。ピットへ向かうマシン。

 

09_img_6202 佐藤選手もピットへ向かいます。

こんな時にサイン貰うなこらー!

 

11_img_6217 乗り込みます。

 

 

12_img_6225 大丈夫大丈夫。確認を終わって、

初めてのもてぎを、佐藤選手は30ラップ余りしただけで、

 

 

14_img_6295予選トリムもチームメイトのビソのセットを丸々移植、えいやで予選へ挑まなくてはなり ません。

 

頑張れー!

 19_img_6324

 

 

 

21_img_6392 いよいよ予選。

計測2ラップを含む4ラップの勝負です。

詰掛けた大観衆が見守る中、佐藤選手は1周目をトンでもないラップで周20_img_6381り、計測周回へ入りました。 ピエールさんも無理はしないでと叫ぶ中、シーズンが始まってここまで学んだ事を全て消化しながら、凱旋レースに駆 けつけたファンから吸収した全てのエネルギーを、「今、ここで爆発させずにどうするのか」と渾身のラップを見せつけてくれました。

24_img_6421 予選10位ゲット!ヽ(^o^)丿

22_img_6398 NO ATTACK NO CHANCE という、誰しもが云うのは簡単だけれど、それを、今、目の前でやってみせる佐藤選手。なんと○番手のタイムを叩き出しました。もうその4ラップに悪夢の2005年ボタンゲート以来の様々な出来事が走馬灯のように駆け巡り、号泣です。

 

25_img_6425 佐藤選手のコメント

Qf 「プラクティス1回目にトラブルによるアクシデントがあり、予選はぶっつけ本番のようになっていました。セッティングも大きく変え、アタック中にマシンが 大きく滑りもしましたが、これまでに積んできたオーバルでの経験を生かして何とかアタックを終えました。日本でのレースは3年ぶり。本当に多くのファンが 応援をしてくれているので、予選は思いきっていきました。今日のデータなどから悪い部分をできる限り直し、明日は力強いレースを戦いたいと考えています」

27_img_6429 いつもファンを大切にし、そのファンからのエネルギーを結果へと昇華させていく佐藤選手。その中で、「生きる」という事、「学ぶ」という事、「関わる」という事、そして「今、ここに、在る」という事を教えてくれます。佐藤選手のファンは、実に老若男女幅広いのですが、お互いへの敬意のはらい方が気持ちいいです。それは佐藤選手がファンに敬意を持って接してくれているからですね。

 

36_p1080991 Img_371376_16865008_2 この日は佐藤選手のパーソナルスポンサーにもなっている江崎グリコが、チビッ子用のタイムトライアルに挑戦し、証明書をもらった子供達だけに向けた佐藤選手のトークショーがあります。

残念ながら、チビッ子ではないので、諦めて、

以前は鈴鹿にあったのにツインリンクに移ったので

33_p1080985 もう二度と見ることも出来ないと思っていたホンダコレクションホール。

この機会に見学。35_p1080989

宇都宮に戻って、明日の佐藤選手の勝利を祈ってカツ丼の夕食。

 

16_img_6303 予選後の佐藤選手の抱負は、「200周します」。17_p1080969

頑張れ、佐藤選手!

|

« Rd.16 Indy Japan 300 FRIENDSHIP DAY | トップページ | Rd.16 Indy Japan 300 Race »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106335/49760862

この記事へのトラックバック一覧です: Rd.16 Indy Japan 300 Qualify:

« Rd.16 Indy Japan 300 FRIENDSHIP DAY | トップページ | Rd.16 Indy Japan 300 Race »