« Rd.16 Indy Japan 300 Qualify | トップページ | R17 Cafes do Brasil Indy 300 »

2010年9月19日 (日)

Rd.16 Indy Japan 300 Race

Indycar2010mottm0343 昨日、チームメイトの予選セットを移植し、
クラッシュから見事に甦って
予選10番手のグリッドをゲットした佐藤選手。

Indycar2010mottm0346


Indycar2010mottm0347 母国のオーバルもスタートこそ慎重でしたが、

Indycar2010mottm0350 そこは、なんとしても母国のファンの前で結果を残したい佐藤選手、

約束したのは「200周走ります」。

 

徐々にペースを上げて行きます。

Indycar2010mottm0354 メインストレートからのターン1アプローチ、バックストレートからターン3への侵入、

そしてターン3の高みから一気にバンクを駆け下り、ターン4をドリフトしながらフェンスギリギリでメインストレートへと

Indycar2010mottm0357 次々と胸のすくようなオーバーテイクを見せてくれます。

しかし、ピットインの度に順位を落とす、今シーズンを象徴する展開。

 

O0800053310758716456 F1と比べて、オーバルレースは、

「緻密な楽しみが苦手なアメリカ人向けの単純なモータースポーツ」

と、決めてかかっていましたが、

Img_6483 何と何と実際に見てみれば、おそらくスペクテイタースポーツとしてはF1を凌ぐ面白さでした。

200ラップ、全く目が離せないレースです。

Img_6531 今シーズン、途中リタイアが多すぎたのでラストラップまでテレビで真剣に見ることが無かったシーズンでしたが、

TV中継では、オーバルレースの面白さは伝わりきらないかもしれません。

ピットごとに順位を落として最後は追いきれないまま12位でフィニッシュ。

オーバルレースの展開ではアイオワには至りませんでしたが、

今シーズンのダイジェストの様な、

Rf 懸命に努力する弱小チームに所属して、慣れない手探りの中、他に類を見ないほど不運に見舞われ、それでも飛びぬけて光るところを見せて信じられない結果を手繰り寄せる、ファンを魅了したレースでした。

 

佐藤選手のコメント

「慎重にスタートした結果、いくつかポジションを落としました。しかし、今日はコース上でオーバーテイクをとても多く達成し、レースを楽しむことができま した。メインストレートに戻ってくるたびにファンのみんなからの応援を感じて、もっと前へ! という気持ちで走っていました。結果は12位と、トップ10 フィニッシュができなかったのは残念ですが、今週のImg_6239z始まり方を思い起こせば、とてもすばらしい週末にできたと思います。今シーズンは苦戦が続いていて、ま ともな状態でチェッカーフラッグを受けることのできたレースが少ないのですが、それらのレースを通して学んできた多くのことを、今日のレースではフルに発 揮できたと思います。ツインリンクもてぎのレースは本当に難しい。オーバルの戦いでありながら、ロードコース的な戦い方も必要とされます。今回また多くの いい経験を積めたので、それを生かして最終戦でいい結果を手にしたいと思います」
 

F1よりも早く終わるシーズンは、いよいよ次戦マイアミが最終戦。
もてぎの流れに乗って、有終の美を!

頑張れ、佐藤選手!

|

« Rd.16 Indy Japan 300 Qualify | トップページ | R17 Cafes do Brasil Indy 300 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106335/49895378

この記事へのトラックバック一覧です: Rd.16 Indy Japan 300 Race:

« Rd.16 Indy Japan 300 Qualify | トップページ | R17 Cafes do Brasil Indy 300 »