« Rd.16 Indy Japan 300 Race | トップページ

2010年9月19日 (日)

R17 Cafes do Brasil Indy 300

Cdob_indy_300_int 佐藤選手の復帰シーズンも
あっという間に最終戦になってしまいました。

はらはらドキドキしながらインディジャパンを待ち焦がれ、Full
駆けつけた僕たちに、
インディは目の前でオーバーテイクの一部始終を見ることが出来るという事実を
15回に渡って披露してくれた、
NO ATTACK  NO CHANCE の濃密な三日間。
その余韻に浸っているまもなく、翌々週にはもう最終戦です。

最後のオーバルで実力を発揮して貰いたいところです。

Indycar2010homlb0147 予選はKVのトップ、ペンスケイのダリオを食う結果の9番手を確保しました。

Qf 佐藤選手のコメント
「マイアミのコースは本当に難しく、慣れるのには結構時間がかかりました。タイトルを争っているチームがレース直前にテストを行いましたが、彼らでもテス トを行う理由がよく分かりました。路面が滑りやすく、コーナーのバンクは低いレーンと高いレーンで傾斜角度が違うため、マシンセッティング、そしてドライ ビングが難しいです。予選ではウオームアップラップからマシンが滑っていて、アタック1周目と2周目でマシンのバランスが大きく変わっていましたが、これ まで積み重ねてきた経験を生かし、よい走りができました。トップ9という結果にも喜んでいます。プラクティスから予選と順調にきているので、次のプラク ティスで、トラフィックの中でしっかりと走れるマシンを作り、レースに臨みたいと考えています」

 

Indycar2010homlb0050 スタートからレース本番のセッティングに苦労し、後方へ転げ落ちた佐藤選手でしたが、走りながら車体のセッティングを駆使し、13番手まで挽回。
Indycar2010homlb0091 ここで3ワイドの走行中挟まれるカタチでぶつけられ、
踏みとどまったものの18位まで後退してフィニッシュとなりました。

Indycar2010homlb0093 佐藤選手のコメント
Rf_2 「本当に厳しいレースでした。レース序盤はマシンバランスに苦労しましたが、最初のピットストップでセッティングを変更し、そこからマシンはよくなりまし た。ただ、今日はスピードが不十分でした。少しセッティングで慎重になり過ぎていたと思います。2台、3台が並んでの激しいバトルが続く、エキサイティン グなレースになっていました。残念なのは、レースの終盤に何度かの接触があったことでした。最後はターン3で2台に挟み撃ちにされるようなカタチとなっ て、アクシデントを避けたためにいくつかポジションを落としてしまいました。今晩はピットストップもミスはありませんでした。シーズンを通してハードワー クを続けてくれたクルーたちに感謝します。もっといい結果を残したかったシーズンでしたが、本当に多くのことを学び、吸収できた一年でした」

これで佐藤選手のIRLデビューシーズンは終了です。
2010ps 214ポイントランキング21位。
勝利どころか3位内にも入れず、シングルフィニッシュが1回だけ、ルーキーオブザイヤーさえ取れない結果になるとは思っても見ませんでした。

5046194030_1d98bf45f4_o 佐藤選手はその攻撃的な走りに注目されますが、
物凄い動体視力と反射神経が備わりつつも、一つひとつの事を理論的に理解して消化して判断するタイプです。

「全部の事に理由があり、理解できているのでポジティヴです」
ま、「ネガティヴです」という事がない人ではありますが^^;

 

5042395999_14a013659f_o 来シーズン、間違いなく学習して進化を遂げた佐藤琢磨選手がシーズンを席巻するに違いありません。

B69e1b お疲れ様! 佐藤選手!

|

« Rd.16 Indy Japan 300 Race | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106335/49515792

この記事へのトラックバック一覧です: R17 Cafes do Brasil Indy 300:

« Rd.16 Indy Japan 300 Race | トップページ