« Rd.15 Kentucky Indy 300 | トップページ | Rd.16 Indy Japan 300 Qualify »

2010年9月17日 (金)

Rd.16 Indy Japan 300 FRIENDSHIP DAY

4997659286_3158f9652a_z という事で、待ちに待った茂木です!
参戦が決まってすぐに宇都宮に宿も押さえました。

いつもの様に、佐藤選手応援強化習慣は、年休のてんこ盛りです。
この為に、1年間まじめに(?)働いて来とるのですから。

ただ、いつもの鈴鹿と違って茂木は初めてです。
どうやって行こうか、新幹線で一旦東京で一泊してから入るかと練っていましたら、
「車やろ?」という奥さんの一言で、
600kmの彼方へ一気に走るという事になってしまいました。

5000218968_cc5fa54537_o F1なら、チームやパーソナルスポンサーのイベントのみですが、
インディレーシングリーグでは、シリーズを上げて、地元との交流や社会の為になる事を積極的に行う事になっています。チームごとではなくて、「ドライバー全員で」というイベントが多く、特に金曜日は、チケットが無くても入れたり、パドックが開放されたり、ドライバーのサイン会があったり、ほぼワンメイクという事もありレースの行う側と観る側の距離感が圧倒的に近い「興行」になっています。
ヨーロッパスタイルのF1は、高級感を積み重ねる事で自らの首を絞めながらも最高峰のステイタスを作り上げました。
Indycar2010mottm0124 アメリカンモーターレーシングのインディは、トップスピードのスペクタクルを維持しながらも、親近感と開放感を積み重ねる事で、老若男女が笑顔で観に来るレースを作り上げました。
モータースポーツが圧倒的にマイナーなイベントである日本では、インディの様なこういった開放と接触を能動的に行う在り様は、合うのかも知れません。国内レースのカテゴリーも多く学ぶところがあると思います。

さて金曜日に、ダニカパトリックとお昼ご飯を食べるイベントに参加する予定でしたので、金曜の朝9時頃茂木へ着く予定で出発です。
木曜日の23時、京都にある自宅を出発。名神から東名を乗り継ぎ、田舎者には全く解からない首都高速を朝5時までに抜ける作戦。東名のトラックだらけのゆっくりとした流れと何時まで経っても静岡県、その後の東京直前の停滞は辛かったですが、無事5時前に世田谷へ侵入。何処をどう通ったか解からないうちに両国を通過。スカイツリーを眺めながら、起き出す前の首都突破に成功しました。常磐道へ抜けたところで2時間の仮眠。

P1080728 水戸を経て、予定通り9時過ぎ10時間をかけてツインリングもてぎへ到着しました。

 

 

P1080722 ゲート前ではドライバーズパネルが出迎えてくれます。

まずスタンドへ向かい明日からの座席を確認。

Img_6020 その場所から、佐藤選手と武藤選手のコースサファリの様子を眺めながら、新しい佐藤選手の戦いの舞台を確認しました。

 

P1080784 ストックカーのデモランをカメラで追いますが、想像以上に速いです。

P1080788 その後、グランドスタンドで佐藤選手、武藤選手、ロジャー選手のトークショー。聞き手はピエールさん。やっぱりピエールさんだよねぇ。

次はお待ちかねダニカと一緒にご飯を食べようイベントの為パドックへ。

P1080798 P1080799 グランツーリスモには、ダニカパトリック、マルコアンドレッティ、エリオカストロネベスの3人が登場、みんなにサインしてくれて、2ショット写真を撮ってくれます。

 

勿論英語がしゃべれれば楽しくお話もしてくれます。ここまで近い距離で気さくに対応してくれるとは思いませんでした。ホントにインディってフレンドリー。

P1080800 4998129488_059a186273_o ダニカはもっとゴツイのかと思ったら、なんと小さく華奢で可愛らしい人。レースの時とは全く違いました。

鈴鹿よりもはるかに美味しい料理も堪能。

 

 

次はパドックを散策です。

P1080839 P1080842 とはいえインディは初めてで、F1の様に、ドライバーの名前と顔とチーム名と色が一致してませんので、すぐ横をドライバーが通り過ぎても気が付かないのが悔しいです。ずっとインディを楽しんで来られた方々は、パンフレットとサインペンを持ってここぞとばかりに走り回っておられました。 よっし、来年は見とけ。

P1080827 フラフラしていると、なにやら行列が。

全ドライバーによるサイン会の行列でした。早速並びましたが、始まるまでに1時間、まっしぐらに向かうは佐藤選手の列。

 

ところが、並んでいた全員が佐藤選手の列に並びましたので、時間内にサインして貰えるかはわかりません。

P1080833 それで駄目でも本望です。

「時間が来たらお客様が並ばれていても終了しまぁす」の叫び声の中、時間いっぱいギリギリで、サイン頂きましたぁ!これで、デサントラヴスポーツの緑色のバッグが、一気に佐藤琢磨仕様のわさび色のバッグへと変身しました!

 

P1080811_2 16時半頃までパドックを徘徊した後、本日の宿、宇都宮へと移動。気づけば昨日の23時から走りっぱなしのまま、約束どおり3年ぶりにレースに復帰した、生佐藤選手をハイテンションで見たまま、ダニカに感動して、好天の中並ぶに並んで佐藤選手に会ってサイン貰って握手して、ふぇ~。疲れたぁ。ホテルに戻って、カップめんすすった後、意識を失いました。

 

 

P1090067 明日は、予選、

行っけぇー、佐藤選手!

|

« Rd.15 Kentucky Indy 300 | トップページ | Rd.16 Indy Japan 300 Qualify »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106335/49515787

この記事へのトラックバック一覧です: Rd.16 Indy Japan 300 FRIENDSHIP DAY:

« Rd.15 Kentucky Indy 300 | トップページ | Rd.16 Indy Japan 300 Qualify »