« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月25日 (日)

Rd.11 Honda Indy Edmonton

4818223370_63f953c943_o第11戦はカナダのエドモントン空港の滑走路を使った市街地コース。
 Indycar2010edmcm0305  

予選は、一歩及ばずQ1敗退。

 

Indycar2010edmcm0338
もう一つのグループなら5番手のタイムを出していましたが、強豪の多いグループだった為、僅かに届かず7番手タイムでQ2進出はならず、13番手に終わりました。

Qf 佐藤選手のコメント
「非常に悔しい結果です。暑くなった予選を走り出してみると、ハードコンパウンドのプライマリータイヤでの感触がよくありませんでした。ソフトコンパウン ドのオプショナルタイヤにスイッチする際にセットアップも変更し、大部分のリカバーはできました。第2ステージに進めていたら、路面もよくなっていました し、もっとラップタイムを縮めることができたと思います。精一杯、やれることはやりました。しかし、コンマ1秒届きませんでした。すごく残念です。周りに 比べ、伸びがあと少しだけ足りませんでした」

 

Indycar2010edmcm0417 決勝は、懸命な挽回でトップテンを走行。
最後の最後に、周回遅れのシェクターにブロックされたところを周回遅れのカナーンに追突され、その間にチームメイトのモラレスとヴィソの2台に抜かれて9位フィニッシュになりました。

Rf 佐藤選手のコメント
「KV Racing Technologyにとって、本当にすばらしい一日になったと思います。エドモントンでのレースはサイド・バイ・サイドの戦いとオーバーテイクに満ちて いて、非常にエキサイティングでした。自分自身もレースを思いきり楽しむことができました。最後のスティントでは周回遅れに延々とブロックされました。そ して、最後のリスタートの後にはトニー・カナーン(Andretti Autosport)に追突され、スピンしたために2つポジションを落とすことになりました。7位でゴールできていたレースですが、非常に多くの収穫が あったので、9位という結果もよいものだと思います」

Indycar2010edmcm0393 チームメイトに抜かれた為、KV勢4台で一番下になってしまったところに、また何か因果を感じてしまいますが、少なくとも今回、予選も決勝も不幸にまとわり疲れながらも、決勝は今シーズンのベストフィニッシュを手に入れました。

 

Indycar2010edmcm0297 佐藤選手とすれば、納得いかないとは思いますが、
終盤はオーバル4連戦でもあり、
ミドオハイオとインフィニオンの2戦の間に、
更なる上位フィニッシュで納得しておきたいところです。

頑張れ、佐藤選手!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月18日 (日)

Rd.10 Honda Indy Toronto

4796460223_d3800c1050_o 第10戦トロントです。

トロントの出だしは上手く機能しませんでした。

Indycar2010tortm0007 プラクティスの間中苦労し続けた佐藤選手でしたが予選までに何とか持ち直し、
予選は、レッドタイアをバンバン投入して行けるところまで突っ走る最近の作戦です。

Indycar2010torta0027  Q1が始まると、いきなりのトップタイムを叩き出しました。
何とか帳尻を合わせたところでメイラがタイアバリアに刺さってフルコースコーション。

佐藤選手の今季のツキの無さはまたも顔を出します。
イエローが出た直後、佐藤選手のミッションがブロウ。牽引されてピットへと戻ります。
何とか修復し、コースへ復帰。

Q2へは不安を抱くところですが、更に不幸が続きます。Indycar2010tortm0101

ミッションがブロウしたことでコース上に止まった佐藤選手は、
「たとえメイラがクラッシュした後だったとしても、メイラのクラッシュが無ければ、フルコースコーションの原因を作ったトラブルを起こした原因は佐藤選手である」という理由で、
「フルコースコーションの原因を作ったドライバーは上位2つのタイムを剥奪する。」
というルールが適用され、
佐藤選手の予選はQ1はいたいの18番手になってしまいました。

Qf_2 佐藤選手のコメント
「トロントは非常に難しいコースで、3回のプラクティスを走っても、まだ走り足りないと感じています。そうした中でもマシンをセッションごとに向上させ、 予選に向けさらによくすることができました。それだけにギアボックスのトラブルは残念でした。コース上でストップしてしまい、牽引されてピットに戻ったこ とで我々はペナルティとして最速タイムともう1周のベストタイムを抹消され、予選第2ステージに進むことができませんでした。明日のウオームアップでは、 レースに向けたマシンセッティングを確認します。トロントのレースは荒れると聞いているので、粘り強くゴールまで走りきり、好結果をつかみたいと考えてい ます」

 

Indycar2010tortm0075 決勝では、スピードが無い訳ではない佐藤選手は、虎視眈々と上位を狙います。

トップ集団と代わらないラップタイムの佐藤選手は、10周目からポジションの挽回を開始しました。

Indycar2010tortm0107 16周目、チームメイトのモラエスを射程に捕らえ、
3コーナーへ向かうストレートでスリップに入り、アウト側からオーバーテイクに入ります。
ここでモラエスがブロック。
2ワイドで廻る事になった3コーナーで、モラエスは佐藤選手をそのままアウトへ弾き出してブロックを続けた為、行き場を失った佐藤選手はフロントサスを破壊されリタイアしてしまいました。

後にモラエスは「死角で見えていなかった」と嘘をつきます。
最初のブロックラインで嘘である事は明らかですが。

Rf_3 佐藤選手のコメント
「スタートでいくつかポジションを上げることができ、チームメートのモラレスの後ろにつけました。彼のペースが上がらなかったので、ターン3でサイド・バ イ・サイドになりました。ところが、彼はこちらが見えていなかったらしく、アウト側へと寄って来た。私としてはまったく行き場がなく、彼のマシンと壁の間 に挟まれるアクシデントとなってしまいました。まだパスされても大きな痛手ではない序盤だったのに、チームメート同志で接触してリタイアするなんて、本当 に残念な結果です。次のエドモントンは空港でのレース、初めての経験になりますが、全力で戦いたいと思います」

Indycar2010tortm0127_2 ピット作業は遅いは、ルール適用は無茶やは、おまけにチームメイトがぶつけに来るは、どういうこっちゃ?

徳の高い佐藤選手は、それでも堪えて、次戦エドモントンへ向かいます。
凄い人だなぁ。
頑張れ、佐藤選手!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 4日 (日)

Rd.9 Camping World Grand Prix at The Glen

4752263882_5af9fd70e5_o 初めてのインディをストリートを3戦、ロードを1戦経験した後、初めてのオーバルを4戦。

サンパウロからアイオワまで8戦のアメリカンオープンホィールレースを経験してきた佐藤選手。

4757023681_766605e87d_b これからは、実力を問われる戦いになるはずです。

後半戦はロード3戦ストリート2戦、オーバル4戦。
第9戦のワトキンスグレンは、今季2度目のロードコースです。

アラバマのバーバーは1日だけテストを経験しました。結果はスロットルケーブルが切れてしまいましたが、予選は6番手でした。

Indycar2010wgam0105 今回のワトキンスグレンもテストがあるはずでしたが、残念ながら嵐でキャンセル。

しかし元F1ドライバーはやはりロードに強く、Q1、Q2を突破。
ファスト6に再び名乗りを上げる予選5番手を獲得しました。

Img_371376_15543644_12 佐藤選手のコメント

「ワトキンス・グレンにはテストに来たのですが、雨でまったく走れなかったので、今回もまずはコースに慣れる必要がありました。プラクティス終了時点での マシンのフィーリングは、決してよいものではありませんでした。2回のプラクティスだけで予選を迎えるというフォーマットは、我々Qf にとって本当に厳しいも のとなっています。しかし、我々は予選に向けてセッティングを変更し、予選の中でもセッティングをよくしていくことで最終ステージ進出を果たすことができ ました。そして、自己ベストを更新する予選5番手を記録。置かれた状況でベストの力を出せたと思います。ロータスはワトキンス・グレンでのグランプリです ばらしい成績を挙げています。明日の決勝レースでは、ロータスの伝統を受け継いで、いい結果を残せればと考えています」
 
 
 
 

 
Indycar2010wgam0214 決勝は5番手スタートから7番手へ後退しますが、頑張って取り戻し、4番手へと浮上します。

ところがピットインで10番手まで転げ落ち、次のスティントはスピードに乗らないまま後退。

Indycar2010wgam0337 無用のピットインまであってドタバタしたレース展開に。

結局最後はさらに5番手落とした15位で完走しました。

 

Indycar2010wgam0290 佐藤選手のコメントRf_2
「序盤は上位で戦うことができましたが、最初のピットストップで後れをとりました。レース中盤に装着したハード・コンパウンドのプライマリー・タイヤでス ピードが乗らずに苦労しました。2回目のピットストップは無線での交信で誤解があって、そこでもポジションを大きく落としました。レース終盤にはソフト・ コンパウンドのタイヤで順位をばん回しましたが、その前までに失ったものが 大きすぎました。今回何が悪かったのかを研究し、次のレースにつなげます」

 

どうしても速さが結果に結び付きません。

Indycar2010wgam0327 次戦はカナダ、トロントでの市街地戦。
今度こそ。
頑張れ、佐藤選手!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »