« 2009年10月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月28日 (日)

バーバーオープンテスト

4384448651_cf9911bc42_o 2月24日、25日

IZODインディカーシリーズの合同テストが

アラバマ州バーミンガムのバーバーモータースポーツパークで行われました。

今シーズンの第3戦が行われるサーキットでもあります。

インディのマシンは、全チーム根本は同一のダラーラ製。このシャーシ、一個30万9千ドル。

このシャーシは来年まで同じタイプを使います。

248666 2012年から使うシャーシのプレゼンテーションが「ダラーラ」「ローラ」「スイフト」「デルタ・ウイング」の4社で行われているところです。

エンジンも全チームホンダの3.5リットルDOHC4バルブV8。1万300回転で650馬力。

4385376473_179929d642_o 燃料はエタノール100%です。

タイアも全チームファイアストン。

最低重量はオーバルで709.8kg、ロードで739.3kg。

パワステはありません。

バーバーで使うのはロードコース用なのでオーバル用とは車体が違います。

また開幕戦はストリートコースなのでサスペンションが変わります。

基本的にウィングやサスペンションでセッティングが全コース違うのは分かりますが、オーバルは専用ミッションでブレーキもスティールからカーボンに。車体の重量配分もオーバルは同一旋回が続きますので専用車体になっているそうです。

 

Day1p1 さて、バーバーの初日1回目のセッションで佐藤選手は走行した18車中最多の22ラップを走行。1分12秒2138を15ラップ目に記録。トップと1.2408秒差の5番手タイムでした。

 

 

 

Day1p2 第2セッションは、20台が走行。48ラップ。15ラップ目に1分11秒1138。トップと0.6086秒差の7番手タイムで終了しました。

佐藤選手のコメント

「素晴らしい一日になった。KV Racing Technologyのマシンは信頼性が高く、自分がマシンとコースに慣れてからは、走行を大いに楽しめた。インディカーはパワーがあり、ウエイトが大きい。自分にとってパワーのあるマシンは乗ったことのあるものだけれど、ウエイトの大きなオープンホイールは初めて。セブリング・インターナショナル・レースウェイでは乗っただけだったが、今回からはマシンのセッティング変更もして、いろいろ勉強中だ。コースもすばらしい。高速コーナーがいくつもあり、高低差も存在する。午前中は気温や路面温度が低過ぎて難しいコンディションだった。そのためにスロースタートを切るしかなかった。しかし、最終的に我々は初めてのテストを成功させることができたと思う。何種類かのセッティングを試し、それらは私がインディカーというマシンを理解するのに大きく役立った。まだまだマシンは完ぺきと呼ぶにはほど遠いが、KV Racing Technologyのマシンは非常に乗りやすく、実りの多い一日だった」

200kgの慣性差とステアリングアシストが無い事の挙動確認とコントロール。

まだまだ、朝、低い気温から始まるテストに、タイアウォーマーの無いインディでのタイアの創り方。

セッティングと、エンジニアとのコンビネーション。

学びたい事は本当にたくさんあるでしょう。

Day2p3 2日目3回目のセッションは、走行20台。71ラップ中45ラップ目にトップから0.3346秒差の1分10秒2070の6番手。

佐藤選手のコメント

「今日の天候を考えると、KV Racing Technologyにとって、とても意義のある一日となった。今朝も本当に寒く、走ることができなかったほどだった。インディカーで走り出したばかりの自分としては、できるだけ多くの走行時間が欲しいところだった。しかし、一旦、気温と路面温度が上昇してからは、コンディションはよくなっていった。今日も私は、マシンがセッティング変更に対していかなる反応を示すのかを学び続け、ブラジルでの最初のレースに向けていい準備ができたと思う。マシンが完ぺきになるなどありえないし、私自身がマシンに対して満足をするということもない。今回の2日間のテストで、私はインディカーというマシンのハンドリングがどのようなものかフィーリングをつかめたと思う。あと2週間ほどで行われるレースがとても楽しみだ」

248668 インタビューに佐藤選手は、道具立ての違いはあるけれどもそれはルールが違うからで、エンジニアリングのクオリティは相当に高いと強調していました。英語と米語で単語の違いはあるようだけれど、思うセットアップへの構築にかなり手ごたえを感じたようです。

このシャーシはそのまま開幕戦に使う事もあり、2日間のテスト中、一度もアタックラップはしなかったそうだ。

4388664976_43e0ecac43_o ペンスケイがやはり速く、次にチップガナシ。彼らが2強。KVレーシング・テクノロジーとドレイヤー&レインボールド・レーシングがそれを追う格好。「2強とは今離れているが、出来る限り早く追いつく」とインタビューに答え、開幕戦に意欲を見せた。

開幕戦は、3月14日のサンパウロ。

TVではGAORA。開幕戦03月14日(日)深夜 1:00~深夜4:30から、生中継。03月12日(金) 21:00~22:00に開幕特番。

インディはブラジル1戦、カナダ2戦、アメリカ13戦、日本1戦の17戦。もてぎ以外は兎に角時差が厳しいですね。

 

さぁ、もてぎのチケットはまだ発売前ですが、既に宿泊先は押さえました。9月の初もてぎまでに佐藤選手はシリーズ何位でいるだろうか?

4385268257_7775ab2c80 楽しみなシーズンがいよいよ後2週間で始まります。

目指せチャンピオン!

頑張れ佐藤選手!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月18日 (木)

発表。

佐藤琢磨選手は、2010年2月18日13時 東京(MODAPOLITICA)で

Dscn3716s_2 2010年のレース活動について、

アメリカンオープンホィール、IZODインディカーシリーズ(インディ・レーシング・リーグ=IRL)に、KVレーシング・テクノロジーからシリーズ参戦することを発表しました。

佐藤選手のコメント

Kv02 「僕自身にとっても、支援してくださる皆さんにとっても、とてもエキサイティングな日を迎えることができました。去年はレースに参戦できず非常に悔しい思いをしていたので、素晴らしいチームとともに新しいチャレンジに挑むことが、今は待ちきれない気分です。僕にとってKVレーシングは大きなポテンシャルを秘めたチームであり、チームスピリットの点でも申し分ありません。ジミーのような偉大なチャンピオンが率いているチームなので、すぐに強力なチームワークを発揮できると確信していますし、トップフィールドで戦うチャンスを得たことに、僕の闘志は激しく掻き立てられています。これまで続いてきた困難な時期にも僕を支援し続けてくれたすべての皆さんに、心からお礼を申し上げるとともに、皆さんと力をあわせて大きな成功を収めることを楽しみにしています」

2010年の佐藤選手のパーソナルスポンサーは以下の通りです。

Kv01 エーティーワンダイレクト株式会社

アチーブメント株式会社

株式会社アライヘルメット

Kv03 江崎グリコ株式会社

有限会社スタジオコメ

タカタ株式会社

Kv04 株式会社デサント

東京ガス株式会社

本田技研株式会社

ポールスミスジャパン

モーダポリティカ

スーパーH2Oのアサヒからグリコに変わったのがトピックスでしょうか。

グリコは所謂お菓子だけでなく、パワープロダクション というスポーツサプリメントを開発販売しており、

記者会見のテーブルにはCCDドリンクがおいてありました。

Img 2月15日、フロリダのセブリングでのシェイクダウンテストで、急遽1時間~1時間半の初乗りを果たしました。

チームからも大きな信頼を得、大きな期待をかけられているようです。

質疑応答で、第6戦のインディ500への抱負を聞かれた佐藤選手は、初参戦2回目のオーバルで勝負できるほどIRLは簡単じゃないですと謙虚に応えていましたが、

今シーズン全17戦の内、ストリートコースが1、2、4、10戦目4つ。パーマネントサーコットコースが、3、9、11、12、13戦目の5つ。オーバルが5、6、7、8、14、15、16、17戦目の8つという構成。インディは第6戦なのでまだ難しいけれど第16戦には勝つつもりだと聞こえました。

またこの構成だとオーバルよりストリート+ロードの方が1戦多いので、初参戦のルーキーとはいえ、IRL移籍はチャンピオンを獲る体制が契約できたからだと応えた佐藤選手ですから、初年度から狙っているはずです。

とにもかくにもファンのみんなには待ちに待った瞬間でした。

我武者羅応援団の「約束の歌」(彼らの楽曲は魂で聞く歌です)を聞きながら、

俺たちは最後の最後までこの場所を動かない。君が必ず成し遂げると信じているから。

と自分たちをも鼓舞し、

テレビでフレンズが「夢戦士」で、

♪走りつづけ 夢はかならずかなう (信じるんだ)
闘い続ける オレは戦士さ (よみがえれ)
傷つき倒れたとしても オレは後悔しないさ
こみ上げてくる闘争心

涙止まれ 夢の中へ wow..
失うものなど まだ手に入れてないオレなのに
立ち止まるな あきらめるな wow..
時間はまだあるさ あわてやしないさ
必ずオレらは夢を つかんでやる
つかんでやる つかんでやる つかんでやる♪


と歌えば、込上げて来る涙を止められませんでした。

そしてついに来たわけです。

思い切りレースを応援するシーズンが再び始まります。

言いたい事は本当にたくさんあるけれど、

怨みつらみは、たまに来る煩悩の夜に吐き捨て、

結果、今年、佐藤選手を応援できる喜びを、心から楽しもうと思います。

Barberlist 2月22日に、2月24日、25日はアラバマ州バーミンガムのバーバーモータースポーツパークでの合同テストに参加する事が発表されました。

佐藤選手のゼッケンは「5」。92年にF1でチャンピオンを獲ったレッドファイヴマンセルが年収の要求が高いと追い出され、インディへ移籍。93年、ニューマンハースから参戦しルーキーチャンピオンを獲ったゼッケンです。インディではチャンピオンも必ず「1」をつける必要はなく、自由にゼッケンが選べます。佐藤選手が「5」を選んだ理由、聞いてみたいですね。

今年は武藤英紀選手が、その名門ニューマンハースへ移籍。ゼッケンは「06」。

インディでは先輩で名門チームへ移籍の武藤選手と、鳴り物入りで中堅KVレーシングからデビューのルーキー佐藤選手との闘いも見逃せません。

さぁ、待望のシーズン開幕!

頑張れ、佐藤選手!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月16日 (火)

とうとう来ました。

いずれアップしようと思いますが、

昨年11月、TCM東京へ遠征。

ロータスに絞ってを確認。

12月に入り、3月で取り壊される味の街を堪能する為鈴鹿へ。

日本GPへと思いを馳せて戻った翌日、

突然の破談発表。

今回は何時に無く、かなり憤った発表だったのですが、

そのショックか、小生が体調を崩してしまい、

追い討ちをかけるようなルノー19億事件もあり、

F1は世界のトップの大人が寄ってたかって子供のけんかで、本当に楽しむ前に面倒過ぎて嫌になりながら、

ブログのアップもままならないまま、今日まで来ました。

しかし来る2月18日13時から、青山にて、2010年の体制発表会見という事で。

青山なのはちょっと桁糞悪いですが、致し方ないワンメイク。

ファンのみんな、待ったよねぇ。応援した甲斐あったよねぇ。

いよいよホントに闘えます。

20100218 さぁさぁ。頑張れ、佐藤選手!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2010年3月 »